読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛のように生きたい。

好きな本の書評を中心に、日ごろ自分が感じたこと、考えたことをつらつら発信します。

シーナ・ワールドの入門編『武装島田倉庫』

まずはこれから読んでみよう。

たまに知り合いから「椎名誠のおすすめって何?」と聞かれることがあるのですが、そんな時に必ず紹介するのがこの『武装島田倉庫』という作品です。

(相手がSFファンじゃなくてもすすめます。)

椎名誠の数あるSF作品の中でも「SF3部作」と呼ばれる本格派SFの一つです。

ページ数は200ページ(新潮文庫版)と少なくお手軽に読むことができるボリュームながら、随所に「椎名誠らしさ」が散りばめられた、内容の濃い作品だと思います。

続きを読む

素晴らしきシーナ・ワールド

椎名誠はSFも面白い。

椎名誠が好きです。彼の作品はほぼ読破していると思いますが、特にSF系の作品がたまらなく好きです。

中学生の時、国語の授業で習った『ヤドカリ探検隊』がファーストコンタクトだったと思いますが、正直、当時はこれといった印象はありませんでした。

運命の出会いは高校生の時で、本屋でたまたま『アド・バード』という作品を見つけ、何の気なしでパラパラ読んだのですが、最初の1ページで引き込まれ、買って帰って家で読みふけった記憶があります。

それから椎名誠のファンになり、SFを中心に青春小説やエッセイを読みながら年を重ねてきました。社会人になってからも新作が出るたびにチェックしています。

 

残念ながら、「椎名誠=SF作家」というイメージを持っている人は少ないと思うので、このブログではSF系作品を中心に、椎名誠の著作をどんどん紹介していければと思います。

文豪・夏目漱石の人生観や思想を学べる『漱石人生論集』

偉人の思想を学び人生の糧にしたい。

いよいよ三十路に突入し、家族もでき、社会人としても中堅の域に入ってきました。

これまでの自分の人生を振り返って思うのは、

「な~んにも考えずに生きてきたなあ」ということ。

 学生時代にもっと将来を考えて勉強しておけば・・・

どんな人生を歩みたいか、真剣に自分と向き合っていれば・・・

と、これまでの人生の浅薄さに焦ることが多くなってきました。

「もっと真剣に、これからどう濃密な人生を送るべきか考えなアカン」と思い立ち、まずは有名人の思想や考え方を学ぼう!そこからヒントを得よう!

というわけで、近所の丸善で購入した『漱石人生論集』の感想と内容の紹介をします。

続きを読む